話題のWeb会議ツール「Zoom」を使ってみるには?

2020年3月以降、新型コロナウイルス感染症により

テレワーク、リモートワークなどの在宅勤務が推奨する企業も増えてきています。

私自身も会社での会議はWeb会議に変化し、ツールとして「Zoom」を利用しています。

「Zoom」について気になっている方や使ってみようと考えている方にお役に立てればと思います。

テレワークイメージ

テレワークなどのビジネスシーンだけではなく、プライベートでテレビ電話の要領で、会話ができるという利点から「オンライン飲み会」が流行ってきています。自宅に居ながら仲のいい仲間と一緒に宅飲みを行うものです。

そもそもなぜ「Zoom」が話題なの?

「Zoom」は参加するのは難しいの?

 

「Zoom」が話題になっている理由は参加に必要な設定が簡単だからです。

Zoom会議に参加する方法を簡単に解説していこうと思います。

 

目次

Web会議ツールZoomとは

Zoomとは、パソコン、スマホ、タブレットなど、様々なデバイスで簡単なビデオ会議と、メッセージングができる便利なツールです。

どのデバイスでもミーティングの開始、参加が簡単にできる機能が備わっています。

アカウントも簡単に作ることができますので、すばやい導入を実現することができます。

 Zoom公式ホームページ

 

Zoomミーティング参加は簡単

スマホ、タブレットでの参加の場合

まずは、事前にZoomアプリのダウンロードをしておきましょう。

iPhoneの場合はこちら

 

androidの場合はこちら

 

●主催者からの招待URLをクリックする事で参加する方法

●アプリ画面からミーティングID9桁パスワードを記入し、参加する方法があります。

 

また、Zoomのアプリに入ると、最初にスマホ、タブレットではカメラとマイクの使用の許可が必要となります。

スマホ、タブレットでのメリット

  • ウェブカメラ、マイク、スピーカーの準備が必要がないのですぐに参加できる
  • 参加の場所に縛られない

 

スマホ、タブレットでのデメリット

  • スマホ、タブレットを使用するので固定が必要となる。
  • 通信料制限がある場合はWiFiなどの設備があるほうが良くなる。
  • バーチャル背景が使用できない機種が多い

 

PCでの参加の場合

事前準備、PCでの参加の場合はウェブカメラ、マイク、スピーカーがある環境が必要です。

Zoom公式ホームページよりZoomをインストールまたは

招待URLをクリックするとZoomを自動的にインストールされます。

 

スマホ、タブレット同様に

●主催者からの招待URLをクリックする事で参加する方法

ミーティングID9桁パスワードを記入し、参加する方法

PCでのメリット

  • デスクトップなどのPCデスクなどの場所なので、会議として身に入る位置での参加できる
  • スマホ、タブレットと異なり通信料を気にする必要がない
  • バーチャル背景の導入が可能

 

 

PCでのデメリット

  • ノートPCなどで、付属しているものも多くあるが、デスクトップの場合はウェブカメラ、マイク、スピーカーの準備が必要となる

Zoomミーティングを主催する場合は

Zoomに参加する場合はアカウント登録が不要でした。

ミーティングを主催する人はアカウント登録が必要となります。

アカウント登録しよう

Zoom公式ホームページで必要事項を入力し、アカウント取得手続きをします。

必要事項となるのは

  • メールアドレス
  • パスワードの設定
  • 名前(ユーザー名)

ユーザー名は後で変更することも可能で、ニックネームなども使用できます。

 

登録したメールアドレスへメールが来るのでそのメールURLからZoomサイトにアクセスし登録は完了です。

ミーティングを開催してみよう

Zoomのアカウントを登録した場合は新規ミーティング、参加、スケジュール、画像の共有のアイコンが現れる(写真参照)

右の時計の背景画像は変更可能のようです(私は変更済みです)

新規ミーティングをクリックで、すぐに会場の作成ができます。

参加者を集めよう

主催者が画面に映る状況になります。(バーチャル背景使用)

左上!マーク(写真を参考)をクリックすると、このミーティングルームのURLとID,パスワードが表示されます。

ミーティングルーム明細箇所(PCの場合)

この情報をメールやSNSにより参加者に共有することでWeb会議が開始できます。

情報の共有はURLをコピーする事ができるので、PCの場合は参加者にメールを送る事で

無料のアカウント登録者が主催した場合は3名以上の会議においては上限40分となっています。40分すぎると強制的に参加者は追い出されます。

再度ミーティングルームを作成しなおす必要があります。

制限時間として40分までとする使用法方や40分をうまく休憩を入れながら会議をするにも適しているかもしれません

 

バーチャル背景とは?

さっきからバーチャル背景というワードが出てきていましたが、Zoomには背景を画像に置き換えるバーチャル背景という機能があります。

どうしても部屋の中おしゃれな背景になる方もいらっしゃると思いますが、多くの方が生活環あふれる背景になってしまうと思います。

そこで便利なのが、バーチャル背景を導入し参加する人物以外は、バーチャルな背景や画像を使うことが可能です。

私自身が使用したのはPCのみで、PCで使用の方は参考にしてください。

1.ホーム画面右上の設定アイコンをクリック

2.設定一覧が現れます。その中のバーチャル背景を選択してください。

3.バーチャル背景を選びます。

最初はデフォルトで5つの背景が準備されています。また、皆さんの好みの画像をアップロードすることも可能です。

以上で設定は完了です。難しくないと思います。フリー写真サイトなどを活用してあなたらしい背景でZoomを楽しんでください。

Zoomミーティング参加 まとめ

  • 参加するだけならアプリのインストールをするだけで参加できます。
  • 主催するのならアカウント登録まで行うことで主催することができる。

とても簡単なツールです。

テレワーク、在宅勤務で人との繋がりが疎遠になってしまうということで、親しい親友等とオンライン座談会やオンライン飲み会に適していますね。

これからも多くのデジタルツールに対応できることがこれからのビジネスには大事になっていくと思います。

また、便利なバーチャル背景も活用していただくとより楽しく使用することが出来ると思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる